手軽な転売、せどりは儲かるのか?

転売といえばせどりを連想する人も多いのではないでしょうか。BOOKOFFなどの古本屋で安く購入し、ネットオークション等で販売する。比較的ポピュラーな方法ですが、儲かるのでしょうか?

目利きが勝負

せどりは既に多くの人が実践しているでしょう。BOOKOFFのような古本屋チェーン店で掘り出し物を探してネットで売る。古本屋には足を運べる人だけが顧客対象ですが、インターネットであればインターネット環境がある人すべてが顧客。思わぬ掘り出し物で一攫千金…の可能性もあります。
ですがせどりは目利きが大切です。「せどりは儲かる」ではなく、「せどりで良い物を見つければ儲かる」です。

現実的にはハードルが高くなっている

一方、現実的に考えるとせどりで儲けるためのハードルは高くなっています。まず、せどりを行っている人が多い点。せどりもまた、ビジネスです。いろいろな人が行っているとなれば、ライバルたちを出し抜くくらいの目利きが求められるものです。
かつてであればアプリ等を上手く活用すれば簡単に利益を得られる行為でしたが、ライバルの増加だけではなく、先に名前を挙げたBOOKOFFもストアで販売を始めました。もちろんすべての古本屋がネットショップを持っている訳ではありませんが、足を運んでくれるお客だけではなく、ネットも見据えているので、本を欲しい人はショップをチェックする選択肢も増えました。
そして手数料です。大手のオークションでは出品手数料を取ります。更には送料。これらまで考えた上での採算ラインを考えると、なかなか厳しいのが現実です。

せどりで儲けるためには?

そのため、せどりで儲けるのであればネットショップを展開していないような古本屋に足繁く通い、安く入荷して高く売れるよう考える。少々手間ではありますが、行動力が求められるようになっているのです。

まとめ

せどりそのものは大きな可能性を秘めているのですが、ライバルの増加や古本屋のネットショッピング展開、更にはオークション手数料。これらを考えると、かつてほど旨味はありませんが、その分当たった時の利益は大きなものが期待出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!