手軽な転売、せどりは儲かるのか?

転売といえばせどりを連想する人も多いのではないでしょうか。BOOKOFFなどの古本屋で安く購入し、ネットオークション等で販売する。比較的ポピュラーな方法ですが、儲かるのでしょうか?

目利きが勝負

せどりは既に多くの人が実践しているでしょう。BOOKOFFのような古本屋チェーン店で掘り出し物を探してネットで売る。古本屋には足を運べる人だけが顧客対象ですが、インターネットであればインターネット環境がある人すべてが顧客。思わぬ掘り出し物で一攫千金…の可能性もあります。
ですがせどりは目利きが大切です。「せどりは儲かる」ではなく、「せどりで良い物を見つければ儲かる」です。

現実的にはハードルが高くなっている

一方、現実的に考えるとせどりで儲けるためのハードルは高くなっています。まず、せどりを行っている人が多い点。せどりもまた、ビジネスです。いろいろな人が行っているとなれば、ライバルたちを出し抜くくらいの目利きが求められるものです。
かつてであればアプリ等を上手く活用すれば簡単に利益を得られる行為でしたが、ライバルの増加だけではなく、先に名前を挙げたBOOKOFFもストアで販売を始めました。もちろんすべての古本屋がネットショップを持っている訳ではありませんが、足を運んでくれるお客だけではなく、ネットも見据えているので、本を欲しい人はショップをチェックする選択肢も増えました。
そして手数料です。大手のオークションでは出品手数料を取ります。更には送料。これらまで考えた上での採算ラインを考えると、なかなか厳しいのが現実です。

せどりで儲けるためには?

そのため、せどりで儲けるのであればネットショップを展開していないような古本屋に足繁く通い、安く入荷して高く売れるよう考える。少々手間ではありますが、行動力が求められるようになっているのです。

まとめ

せどりそのものは大きな可能性を秘めているのですが、ライバルの増加や古本屋のネットショッピング展開、更にはオークション手数料。これらを考えると、かつてほど旨味はありませんが、その分当たった時の利益は大きなものが期待出来るでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP