海外のamazonを活用した転売は成功するのか

デスクワーク

amazonといえばもはや我々にとって「生活必需品」と言っても決して過言ではないのですが、amazonは我が国だけではなく、世界中に利用者を抱えている世界的ショッピングモールです。
それだけに、日本では販売されていないものもあるので転売に活用出来ないかと考えている人も多いかもしれませんが、実際上手く行くのでしょうか?

成功の秘訣はタイムセール

正直な所、海外のamazonも日本に居ながらにして簡単に利用出来るだけに、amazonで仕入れる。つまりは輸入して転売するとしても、余程良い物を仕入れなければ難しいです。つまりは目利きが問われるのですが、狙い目があるのも事実です。
それは国内のamazonでも行われているタイムセールです。タイムセールは海外のamazonにも用意されています。国内のタイムセール同様、通常時よりも格安で入手出来るチャンスです。

注意しなければならない点

タイムセールで入手出来れば仕入れ額をぐっと抑えることが出来るので転売も狙い目ではあるのですが、海外のamazonから仕入れる場合、やはりネックになるのが送料です。
国内でのやり取りでさえ送料がどうしてもネックになるケースもあるかと思いますが、輸入にせよ輸出にせよ、海外を活用する場合にはどうしても送料まで換算しなければならないのです。
買取額や転売の額だけで考えれば利益は決して難しくはないと思っても仕入れのための送料でお金がかかるため、結局思うように利益を挙げられないケースが多いのです。
タイムセールの場合、仕入れ額が抑えられるので良いのですが、通常価格で仕入れる場合、結局は送料がかかるので思った程効率的ではないでしょう。

まとめ

海外のamazonを活用するのは決して悪いものではないのですが、一方でどうしても送料がかかってしまいます。個別に送ってもらうとすればどうしても送料だけでそれなりの額になってしまいます。
海外に拠点があり、まとめて送れる環境であれば送料もある程度は圧縮出来ますが、その都度送料をかけるとなると少々効率は悪いです。気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!