卸ショップで仕入れて輸出する転売は成功するか

デパート

格安で物を仕入れることが出来る卸ショップの存在は転売を行う際にも強い味方になってくれるのですが、卸ショップを活用して輸出した転売は成功の可能性が高いです。

安く仕入れられるのは魅力

転売で利益を得る方法。それは理屈としては難しいものではありません。ですが実際に行うとなると、やはりネックになるのが仕入れです。安く仕入れたらなかなか高く売れないですし、かといって高く仕入れたら売れるか分からないリスクを背負うことになってしまいます。
その点が転売の難しい部分なのですが、卸ショップを活用すれば普通に仕入れるよりも安く仕入れることが可能なので転売の利益を得やすい環境ではあります。

考えるべきは輸出先

仕入れは安く抑えられると分かっているのですが、ではどこに輸出するのか。その点さえ解決出来れば卸ショップでの仕入れは利益を運んでくれます。ここで大切なのは商品によって需要が異なる点です。
国によって需要は異なるものなだけに、国、あるいは地域等を加味した上でどこに輸出するのがお得なのかを考えましょう。例えば中国に輸出するのであれば日用品です。
日本製品の品質の高さを理解しつつある中国では、家電製品よりもむしろ日用品を好むようになりました。
一方ではヨーロッパでは日本といえば「和」です。和食関連の食材など、本来であれば日本に足を運ばなければ手に出来ないようなものが人気を集めるようになっていますので、それらを狙ってみると良いでしょう。

ここでもネックになるのが送料

当然ですが送料も考慮しておかなければならないのは言うまでもありません。送料を相手が負担してくれるのであれば良いのですが、送料次第では購入者としても躊躇せざるを得ません。
一方で送料を自己負担することになれば利益を削ることになります。このバランスはとても難しいのですが、輸出を行う際には誰もが直面するテーマです。真剣に考えましょう。

まとめ

卸ショップを活用する手法は悪くはありませんが、送料と国や地域によるニーズ。この点さえ上手く考えれば大きな利益を運んでくれる可能性が高いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!