中国からの輸入転売は利益になるのか?

もはや文字通り世界の「中心の国」と言っても過言ではない中国。経済成長のおかげで各分野にて強大な資本を武器に世界レベルで大きな存在感を示しています。
マーケット等も発達していますし、何より安い点も魅力。そのため、中国から仕入れて転売すれば利益になるのではないかと考えている人も多いようですが、実際利益になるのでしょうか?

日に日に難しくなっている

残念ながら、中国からの輸入による転売は日に日に難しくなっていると言わざるを得ません。まず、競合が多い点。インターネットが手軽に活用出来るだけに、転売を考える人は決して珍しくありません。
それだけに、競合が多いので利幅が少なくなります。購入者は出来れば安く購入したいのです。
転売のライバルがいるとします。同じ仕入先だとしても売却額は自由に設定出来ますので、購入者とすれば安い方で購入するでしょう。つまり、転売でも価格競争の原理が働くことになってしまうのです。こうなると結局は資本力がある所が有利になります。

品質の問題もあります

確かに中国は経済成長が目覚ましいのですが、まだまだ杜撰な部分もあります。特に日本と比べると技術力に於いてはまだまだだと感じる部分が多いのも事実。
「Made in JAPAN」の品質に慣れている我々にとって、中国製品の品質はお世辞にも許容出来るものではないと感じる人も多いのです。
そのため、中国で仕入れて日本で転売する。仮に利益になったとしても、後からクレームがつく可能性が高いのです。個人にせよ事業にせよ、転売は信頼も大切です。「クレームばかりの業者」など、誰も買おうとは思わないでしょう。中国からの輸入の場合、このようなリスクもありますので、利益になったと思ったら返品させられたり、あるいは評判が落ちたり…といったリスクもあります。

まとめ

すべての製品が悪いとは言いません。ですがどうしても中国製品にはリスクがあるのも事実です。それでも中国からの輸入で転売をと考えるのであれば、より見る目が問われるでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP