携帯やスマートフォンの転売は儲かるのか?

かつて転売の定番とも言われたのが携帯電話やスマートフォンです。MNPにて「実質0円」で購入し、転売する。各社ともに様々な特典を用意してくれていただけに、転売しやすい物として常に話題を集めていたのですが、近年は総務省の指示から実質0円は終了。
そのため、転売事情も大きく変わろうとしています。

入手そのもののハードルが高い

かつてであればキャリア間が新規顧客獲得のためMNPユーザーにかなり手厚いサービスを行っていました。そのため、MNPで渡り歩いてスマートフォンの端末をゲットし、それらを転売する。
これを繰り貸していれば利益が出た、いわば転売初心者にとっても利益を得られるものでした。ですが先にもお伝えしたように実質0円は事実上終了。
これにより、残念ながら入手そのもののハードルがどうしても高くなってしまいました。需要はあります。ですが、転売で利益を得られる額での入手がとても難しくなっているのです。

Appleだけでしょう

更に言えばAndroid端末は人気がありません。世界的に見ればAndroid端末の方が断然人気があるものの、国内ではiPhoneの方が圧倒的に人気。
そのAppleですが、サイト直営でSIMフリー端末を販売しています。つまり、iPhoneが欲しいと思った時、わざわざ転売屋を利用する必要がなくなってしまったのです。

使用済みの方が需要がある

むしろ使用済みの中古のiPhoneは人気です。格安のSIMカードを活用すればキャリアよりも割安で運用出来るのですが、格安の中古iPhoneをどのように手に入れるのかもまた、とてもハードルが高いです。
高く売れるのは分かっているものの、安く入手するのがとても難しいです。

まとめ

iPhoneであれば高額転売も可能ですが、入手がとても難しいです。仮にですが、入手ルートを確保出来れば高額転売も可能になるのですが、iPhoneを格安で入手するのはとても難しいです。
だからこそ高く売れることが保証されているとも言えますが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!