輸入してヤフーショッピング (Yahoo!ショッピング) で売れる?

輸入したものヤフーショッピングにて転売して利益を狙おうかなと考えている人もいるかもしれません。
上手く活用すれば利益になるかもしれませんが、実際ヤフーショッピングでのその手の転売行為はどうでしょう?

現実を考えると…

現実を考えた時、ヤフーショッピングで物を売るためにはストア登録しなければなりません。転売を事業として取り組んでいる人であれば良いでしょう。
ですがちょっとしたお小遣い稼ぎ程度で…と思っている人にとっては面倒なものでしょう。個人でも登録出来るのですが、ヤフーショッピングは規模の大きさのおかげで個人での出店など目立たない状況となってしまっています。
その中から自分が出品した物を買ってもらう…。良いアイディアでもあれば別ですが、普通に登録して出品しているだけではライバルの多さ故、なかなか簡単に利益を挙げられるものではありません。

良い手はないの?

ヤフーショッピングにはアフィリエイトが設定されています。アフィリエイト報酬を高くすれば、アフィリエイトを行っている人が食いついて宣伝してくれるでしょう。
ですがこの場合、出費が増えます。「アフィリエイト」という言葉をもう少し紐解けば、自分の商品を宣伝してもらう行為です。言わば宣伝行為です。アフィリエイターが「広告代理業」と名乗っているのは決して嘘ではないのです。
アフィリエイトを活用すれば自分の商品に注目が集まるかもしれません。ですが海外から輸入したものを販売する額を高めるなど、利益を削らなければなりません。
宣伝してくれるのはありがたいですが、決して無料で宣伝してくれるわけではないので利益との配分まで計算しなければならないのです。

まとめ

ヤフーショッピングは購入する側としてはいろいろな物がるので選んでいて楽しいでしょう。
ですが販売する側としては数多くあるお店の中から自分の出品している商品を選んでもらうことになります。その難易度は決して低くはないだけに、その点をどのように解決するのかが問われますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!