日本のゲームは輸出して売れるのか?

日本のゲームは世界的な人気を集めているものもあります。そのため、世界に向けて輸出すれば利益になるのではないかと考える人も多いようですが、現実はそう甘いものではありません。

もはやオンラインが主流です

かつて据え置き型のゲームだけしかなかった時代であれば輸出で販売するのも可能だったでしょう。実際に輸出して利益を得ていた業者や個人もいるのではないでしょうか。
ですがゲーム市場も変わりました。特に据え置き型ではなくオンラインへと移行しつつありますので、据え置き型の人気は世界的に見てもどうしても低下気味。更には日本のゲームでもFINALFANTASYのようにもはや国内よりも海外での販売をメインに据えているような所もあります。
その場合、残念ながら個人で輸出しようと思っても、そもそもメーカー側も世界で販売していますので、購入者側はわざわざ個人から輸入するよりもメーカーの正規品を購入した方が良いのです。

ゲームよりもグッズです

ゲームに関しては輸出しても利益を出せる可能性は低いのですが、ゲーム関連のグッズとなると話は別です。グッズに関しては世界には世界の、日本には日本のグッズを販売するのですが、マニアともなればゲームの「祖国」でもある日本のグッズを欲するのです。
日本語で書かれていて読めないとかは関係ないのです。「本国のグッズ」が欲しいので、熱烈なマニアほど自分自身で輸入して購入しているのです。つまり、ゲームそのものを輸出しても利益チャンスは決して大きくはないのですが、ゲーム関連グッズであれば勝機を見出せるでしょう。
更にグッズは多種多様です。選択肢も多いだけに、利益率も様々でしょう。

まとめ

ゲームは良くも悪くも既にグローバル化されていますので、輸出した所で売れないのは目に見えています。
ですがグッズの場合は勝機もありますので、ゲームを輸出するのではなく、むしろグッズの輸出に力を入れた方が効率は良いでしょう。海外には日本のゲームマニアが多数いますので、案外売れますよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP