日本のゲームは輸出して売れるのか?

注意点:過度な評価の依頼はすべきでない

日本のゲームは世界的な人気を集めているものもあります。そのため、世界に向けて輸出すれば利益になるのではないかと考える人も多いようですが、現実はそう甘いものではありません。

もはやオンラインが主流です

かつて据え置き型のゲームだけしかなかった時代であれば輸出で販売するのも可能だったでしょう。実際に輸出して利益を得ていた業者や個人もいるのではないでしょうか。
ですがゲーム市場も変わりました。特に据え置き型ではなくオンラインへと移行しつつありますので、据え置き型の人気は世界的に見てもどうしても低下気味。更には日本のゲームでもFINALFANTASYのようにもはや国内よりも海外での販売をメインに据えているような所もあります。
その場合、残念ながら個人で輸出しようと思っても、そもそもメーカー側も世界で販売していますので、購入者側はわざわざ個人から輸入するよりもメーカーの正規品を購入した方が良いのです。

ゲームよりもグッズです

ゲームに関しては輸出しても利益を出せる可能性は低いのですが、ゲーム関連のグッズとなると話は別です。グッズに関しては世界には世界の、日本には日本のグッズを販売するのですが、マニアともなればゲームの「祖国」でもある日本のグッズを欲するのです。
日本語で書かれていて読めないとかは関係ないのです。「本国のグッズ」が欲しいので、熱烈なマニアほど自分自身で輸入して購入しているのです。つまり、ゲームそのものを輸出しても利益チャンスは決して大きくはないのですが、ゲーム関連グッズであれば勝機を見出せるでしょう。
更にグッズは多種多様です。選択肢も多いだけに、利益率も様々でしょう。

まとめ

ゲームは良くも悪くも既にグローバル化されていますので、輸出した所で売れないのは目に見えています。
ですがグッズの場合は勝機もありますので、ゲームを輸出するのではなく、むしろグッズの輸出に力を入れた方が効率は良いでしょう。海外には日本のゲームマニアが多数いますので、案外売れますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!