DeNaは転売に使える?

DeNaもまた、ショッピングモールを運営しています。かつてはDeNaショッピングという名称でしたが、近年は「Wowma!」と書いてワウマと呼びます。2000万品以上もの豊富な品揃えを売りにしているのですが、これだけあれば転売に活用出来るのではないかと考える人もいるのではないでしょうか。

転売に向いていないとは言いませんが…

DeNaショッピングモール、「Wowma」は決して転売に向いているとは言えないのが現状です。扱い品目はそれなりの数なのですが、転売で大切なのは安く仕入れることです。
基本的にレギュラーの価格で販売されているものが多いショッピングモールですし、更には誰もが利用出来ます。
つまり、転売益をもたらしてくれるような狙い目商品がなかなかないのです。日常生活での買い物であれば便利かもしれませんが、転売に向いているかと言われると、残念ながら向いているとは言えません。

狙い目はタイムセールですが…

ショッピングモールを活用する際、狙い目となるのはタイムセールです。タイムセールの間だけは信じられない程安く商品が販売されます。
上手く狙ってタイムセールで商品を購入出来れば転売で利益をもたらしてくれる可能性も高まるのですが、インターフェイスもそこまで良い訳ではない点、更にはショッピングモールとなるとどうしてもamazonが優勢なので思うような結果を得られていないため、商品の値段も全体的に高いのです。
つまりはタイムセールも他のショッピングモールと比べるとそこまで魅力的ではないだけに、転売で利益を運んでくれる商品はそうそうありません。

まとめ

もち転売益を出すのは決して不可能ではありません。センスが求められる点はDeNaでも同じですが、狙い目となるような強みがないのも事実。
軽くチェックしてみると分かるのですが、どうしても他のショッピングモールと比べると魅力が感じられません。ですが裏を返せば穴でもありますので、良い物が無いのか探してみるのも良いかもしれません。
利益を運んでくれる可能性は低いと言わざるを得ないのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!