DeNaは輸出や輸入に活用出来るのか?

新進気鋭という言葉が似あうDeNa。インターネットの世界に様々な形で新規参入を遂げていますが、DeNaもまた、ショッピングモールが用意されています。それらを活用しての輸入や輸出はどうでしょう?

現実的には厳しいと言わざるを得ない…

DeNAにはWowma!というショッピングモールがあります。こちらはおよそ2,000万アイテムが揃っている通販サイトになりますので、上手く活用すれば輸入なり輸出で役立つのではないかと思っている人も多いかもしれませんが、現実的には少々厳しいと言わざるを得ません。
なぜなら独自色があまりありません。「Wowma!だけでしか出来ないこと!」が見つからない以上、後発組は不利です。そもそもネットショッピングサイトはいわば空間を提供しているだけです。どれだけのお店が集まるかは、利用者次第です。amazon、Yahoo!、楽天。それぞれ歴史がありますので、それらで十分という人は多いです。
そのため、お店側としても人がいる所に出店した方が売れる確率が高まりますので、Wowma!よりも先に挙げたショッピングモールで…となるのです。

不可能ではありませんが…

そもそもYahoo!ショッピングやamazonといった所でさえ既に多くの人間が出品していますので、ネットショッピングモール創世記のように出品しておけば売れる時代は終わりました。
売るためにはそれ相応の理由が必要な時代ですが、Wowma!には何があるのかと問われた時、他のショッピンルモールにはないけどWowma!だけにはある点が希薄です。
つまり、Wowma!で出来ることは楽天やamazon、Yahoo!でも出来ますが、では楽天やamazon、Yahoo!で出来ることはWowma!で出来るかと言えば難しい部分もあるのです。

まとめ

Wowma!は面白い存在ではありますが、まだまだこれから。
但し、ビジネスとは先に開拓したもの勝ちでもありますので、まだまだこれからなだけに、今後の成長を見越して今のうちにイチかバチかに賭けるのも悪くはないとは思いますが、成功の保証はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!