自動化をするための唯一の手段

雑務が超めんどくせー!

 

紙です。

———————————————————————————————
今後の優良限定無料動画・ノウハウ公開はLINEの友達限定にしようかなと思ってます。

スマホから現在アクセスしてる方は下記から。
http://line.me/ti/p/%40cnd5037j

PCの方は @kaminaoki で検索してください。
———————————————————————————————

下記、終了が近づいてます。
http://flmk.info/lp/4838/200371
さて、前回までで、

採用→教育

のパートはある程度お話しました。
前回までのおさらい

■外注さんを雇うのはマインドブロックがある?
http://kaminaoki.com/%E5%A4%96%E6%B3%A8%E3%81%95%E3%82%93%E3%82%92%E9%9B%87%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%82%E3%82%8B%EF%BC%9F/

■外注さんの募集しても応募が来ない?
http://kaminaoki.com/%E5%A4%96%E6%B3%A8%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E5%8B%9F%E9%9B%86%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%82%E5%BF%9C%E5%8B%9F%E3%81%8C%E6%9D%A5%E3%81%AA%E3%81%84%EF%BC%9F/

■外注さんは面接をして採用すべき?
http://kaminaoki.com/865/

■外注さんは「気遣い」をして教育すべき?
http://wp.me/p5A5zn-og

■外注さんは言う事を聞かない?
http://wp.me/p5A5zn-oi
よく

外注化をする=自動化

と考えてる人が多いですが、これは半分当たりで半分ハズレです。
外注化をしても、ただそれだけでは昨日もお話しましたが、
日々質問がガンガン飛んできたり、時にはイレギュラーな事が起きたりして
結局雑務の内容が入れ替わるだけです。
つまり、
【質問も来ないで勝手に回ってる】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
という状態を作らなければなりません。

それには

・質問を先回りするシート(Q&Aシートなど)
・外注さんのリーダーの配置

これらが必要です。
Q&Aシートのような「質問を徐々に減らす仕組み」も組まずに
外注さんリーダーに丸投げという手段もありますが、
外注さんがキレる可能性はあります。笑
ちゃんと仕組みを組んでからリーダーへ手渡す方が無難でしょう。
さて、では今回は

「質問を先回りするシート」

について説明します。

弊社の場合だと、まずはマニュアルを用意しますが、
当然こちらの予期しない質問は沢山来ます。
それをチャットワーク等でいちいち答えていたら、その1週間後くらいに入ってきた外注さんは同じ質問をしてきて、こちらもまた答えなくてはなりません。
ですから、よく大企業のHPであるような

「よくある質問集」

を作成するイメージで質問はチャットではなく、Q&Aシートに書き込んでいただきます。
そこで回答する事で、ナチュラルに「よくある質問集」が完成されていきます。
あとは、外注さんのチャットワークで「お時間ある時に経験長い方はQ&Aシート回答をお手伝いいただけると助かります」などと言うと、結構手伝ってくれます。
こんな感じでまずはマニュアルによって業務を行っていただき、
その後は質問回答により完成させていく。
この流れが一番早く、自動化に繋がって行きます。
では次回は外注さんリーダーの選び方についてお話します。
————————————————————————
【別に意味は無い一言】(無ければ空欄)

今日は大阪に来ております。

大阪だと普段会えない塾生にも会えるから楽しいです。
たこ焼き食べまくります。

————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!