海外オークションebay(イーベイ)に出品する際の注意点【紙直樹輸出ブログ】

 

海外オークションebay(イーベイ)で商品を出品して利益を得る。

 

これは近年かなりメジャーな手法になってきているが、(実は私自身も体験があったりするが)

ちょっとしたミスや無知からアカウントを閉鎖(アカウント削除処分)を食らってしまい(専門的にはサスペンドと言う)

地道に続けていれば多くの利益が生み出せるのに一切の権利をはく奪されてしまうことも珍しくない。

 

実際私のところにも「海外オークションebay(イーベイ)にアカウントを消されてしまいました!」という問い合わせは日常茶飯事だ。

 

では、特に初期の頃、なれないうちには一体どんなことに注意して出品を進めていけばいいのか?

それをこの記事では解説していきたい。

 

まずは「そもそもなぜ新規アカウントには厳しいのか?」という部分からお話ししよう。

 

新規アカウントセラーに海外オークションebay(イーベイ)側が厳しくする理由

shutterstock_99557738

かくいう私自身も実は新規セラーの際にアカウント停止処分、サスペンドを見事に食らってそれはそれは焦ったものである。

 

では、海外オークションebay(イーベイ)はなぜ新規アカウントセラーに厳しいのか。

それは海外では詐欺が頻発していることにある。平たく言ってしまえば「新規でアカウントを作って、高いものを売るだけ売ってトンズラしないだろうか?」という事を疑ってる訳である。

 

話すと長くなるが、私自身も輸入ビジネスをしていたころには散々海外のセラー(海外オークションebay(イーベイ)ではないが)に騙されて数百万が返ってこなかった経験がある。こういうことを言うとちょっとビックリしてしまうかもしれないが、当時の私が無知過ぎて起こった事件なのであまり一般的ではないだろう。

 

ともかくそれくらい頻度高く発生している詐欺なので、プラットホームである海外オークションebay(イーベイ)もかなり目を光らせている。

 

それもあり、2009年くらいにアカウントを作った人には出品制限(リミット)は課せられていないが、現状では海外オークションebay(イーベイ)のアカウントを作成すると「10品、$500」までしか出品ができず、規定ではその状態で3か月経過しないと出品制限は上げることができないとされている。

 

(実際は最近は少しゆるくなってきていて、3か月待たなくても交渉をすることで出品制限が上がることがしばしばあるが)

 

だから、「詐欺をしなければいい」という話ではなく、プラットホーム側から「怪しい」と思われる行為もダメ。

例えば、最初10品$500という話をしたが、いきなり$500のものを1品だけ出す、これは非常に怪しまれる。

「えー!そんくらいで!?」と思うかもしれないが海外オークションebay(イーベイ)からしたら、セラーを一人つまみ出す事くらい売上になんの痛みもない。

「疑わしいものは排除を」というスタンスである。

 

具体的に「何をしてはいけないか?」という話は後程するとして、まずはこの海外オークションebay(イーベイ)のスタンスを理解しよう。

 

 

初めて間もないうちに何をすべきか?

shutterstock_309394448

では初めて間もないうちは「一体どうやって利益を上げれば。。。?」と思うかもしれない。

 

だが、結論から言うと「最初の1~2か月は利益を狙うべきではない」というのが無難なところだろう。

私の場合はこういった情報がない時代に海外オークションebay(イーベイ)に取り組んでいたので、2か月目からそれなりに利益(5~10万くらいではあるが)を出していたが、今考えれば危険だった。。。

 

最初はとにかく安い物をたくさん出品して評価を集めることを最優先にした方がいい。

「どのくらいまで?」という指標は難しいところではあるが30~50の評価は集めておいた方が無難だろう。

 

海外オークションebay(イーベイ)のセラーポリシー(守るべきルール)のページも合わせて見ていただくとわかると思うが、

基本的に海外オークションebay(イーベイ)は「総取引と何か問題が起きた場合の件数の割合で」そのセラーを評価する。

 

例えば、

 

総取引数:100

クレームが来た件数:1

 

クレーム割合1%、このセラーはそれなりにちゃんとやってるようだ、という判断の仕方だ。

(細かく説明するとキリがないので、上記リンクを参照してほしい)

 

問題(分子)を減らすことと件数(分母)を増やすことを意識して取り組むと割と安全である。

 

そして、前述したとおり、「最近は比較的緩い」

なので、初期の段階でも数件取引をしたら、リミットアップ交渉に挑むべきである。

 

リミットアップ交渉とは、「出品枠を広げてよ!」という交渉を海外オークションebay(イーベイ)に電話でするのが普通だが、

私のように英語がしゃべれないのであれば、1回2000円くらいの相場で代行サービスがある。

 

気づいたと思うが、30日に1回可能なリミットアップ交渉を定期的に行っていくと、

それだけで新規参入者との障壁ができる。

 

リミットアップ交渉代行を利用したい方はこちら。

 

とにかく最初は無難に取引件数をこなしてリミットアップ交渉をし、

ある程度取引数、評価ともにたまって、リミットも100品くらいになってから利益を狙っていった方が無難であることは間違いない。

 

 

 

逆に最初にやってはいけないこと

shutterstock_276168278

逆に最初にやってはいけないこととは一体なんだろうか?

大まかにいえば「禁止されてることと疑われるような行為はするべからず」という事にはなるが、それではさすがにざっくりしすぎてるので、簡単にまとめておこう。

 

複数アカウントを作ってはいけない

これは実は私自身が最初に青ざめた実体験なのだが、リミットがあるなら、アカウントを複数作ればよいという浅はかな考えだ。

正確には、住所、名前、クレジットカード(Paypal)、IPをすべて別にすれば複数アカウントは作成しても大丈夫ではあるが、

それができないなら違反行為(しかも重罪で復活する見込みが薄い)となってしまう。

 

リミットは地道に毎月交渉をすることでしか上げることができない。

 

禁止商材の出品、違反行為をしてはいけない

当たり前ではあると思うが、ここの部分を正確に把握してないと、結構怖い。

 

食品やアダルト商品を「売れるから」と出してる人がいるが、あれは見つかったら警告を受ける。

文章で説明しきるのは難しいので、これら心配な方は私のメールマガジンに登録してほしい。

 

スタートアップに必要なマニュアル等が無料でダウンロードできる。

是非参考にしてほしい。

 

疑わしい行為をしてはならない

 

一体どういう行為が「疑わしい行為」にあたるのか?

 

・いきなり高額な商品を出品する

・顧客への出荷通知が遅くなる

・色々なIPでログインする

 

などなど。具体的に「こういう行為は疑わしい」という明示はないが、自分が海外オークションebay(イーベイ)の立場だったと考えて

「怪しいな」と思われないような動き方を常に意識していきたいところ。

 

まとめ

shutterstock_378999631

 

総じて、海外オークションebay(イーベイ)は長くやればやるほど参入障壁が出来て、おいしい市場になる。

そのため決して最初は欲を出さずに「守り守り守り」の精神で取り組むことをお勧めする。

 

とは言っても、実際はある程度取引件数を稼ぎながら、利益が取れる商品を混ぜていくなどしていけば

それなりに利益はとれるし、守るべきルールをしっかり守っていればそれほど怖がることもないだろう。

 

輸出を海外オークションebay(イーベイ)だけで取り組み始める人も多いが、即効性はないのでamazonと併用することをお勧めする。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP