転売の際、ヤフオク (ヤフーオークション) の手数料は何とかならないのか

インターネットを活用すれば転売そのものは何ら難しいものではありません。ですが、近年は転売で利益をあげようと思った時に立ち塞がる壁とも言えるのが手数料です。ヤフオクの場合、販売手数料はおよそ8%。つまり、利益を得るためにはこの手数料の分まで考慮しなければならないのです。

どうにかならないのか

何をしたでもないのに、ただ単にヤフオクを使っているというだけで出品者は落札金額のおよそ8%をヤフオクに支払わなければなりません。販売価格だけであれば利益になるものの、手数料を支払うと利益が消える。そんなケースもあるのではないでしょうか?
ヤフオク側としては自分たちが様々なシステムを用意し、安心した取引が行えるからこそだと考えていますが、それでもやはり8%という数字は低いものではありません。仮にですが、物が50,000円で売れたらヤフオクに4,000円支払わなければならないのです。
家にあった物を売るのであれば良いでしょう。ですが転売の場合、仕入れもあります。この数字を何とかしたいと考えている人も多いでしょう。

現実的にどうすべきなのか

現実的にどうすべきなのかを考えた時、方法としてはヤフオクを一つの宣伝場所として考えるのもありでしょう。ヤフオクで決済するのではなく、ヤフオクの商品説明から自分のホームページに誘導するなり、例えばヤフーショッピングのページへのリンクを張る。
そこで購入してもらえれば手数料はかかりません。ヤフオクは利用者がとても多いからこそ売れる可能性も高いとはいえ、高額な手数料は勿体ないでしょう。そこでヤフオクの出品ページはあくまでも「宣伝」として割り切り、他でも販売する。本気で欲しいと思ってくれればリンク先までアクセスしてくれるでしょう。

まとめ

ヤフオクを利用すれば転売そのものはとても楽ではありますが、利益率は落ちてしまいます。
面倒に思うかもしれませんが、ヤフオクを一つの「きっかけ」程度に考えた方が利益率は高まるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!