ヤフオクやメルカリ以外に転売に美味しい場所はないのか

転売をと思った時、やはりヤフオクやメルカリはとてもありがたいものです。それこそヤフオク、あるいはメルカリだけを利用する分にも上手く行うことで転売益を得られるでしょう。
一方、利用者も増えてきているので他に良い「場所」はないのかと考えている人もいるようですが、実際他にないのでしょうか?

現状、なかなか厳しいです

現状、ヤフオクやメルカリは多くの利用者を抱えているからこそ、様々な掘り出し物もあれば、売却する際には多くの人に見てもらえる可能性があるので転売益も出やすいのです。
つまり、転売に良い状況となっているのですが、ではヤフオクやメルカリ以外でそのような、いわば「美味しい場所」はないのかと考えるのも分からない話ではありませんが、現状ヤフオクやメルカリ程良い条件が整っているサービスはなかなかありません。
活用方法次第ですが、初心者でも行いやすいのがヤフオクやメルカリなのです。

転売にマニュアルはない

一方、ヤフオクやメルカリは必ず利用しなければならないものではありません。言いかえれば、どのように利用するのも、更には利用するしないも含めて自由です。
それこそ街のリサイクルショップのワーゴンセールで投げ売りされているものをメルカリに出したら思いもよらない価格で売れたケースもあるでしょう。
どのように活用するのかが問われているとはいえ、一方では情報には敏感でいるべきです。現状、ヤフオクとメルカリの二強ではありますが、今後更なるサービスが飛躍しないとは限りません。
転売で大切なのは情報です。場所も含め、様々な情報にアンテナを張っておくようにしましょう。

まとめ

ヤフオクやメルカリは利用者が多いので転売を行いやすい側面がありますが、利益が出るか出ないかは自分次第です。
扱う品目によってはヤフオクやメルカリ以上に美味しい所もありますので、先にもお話したように、情報にはアンテナを立て、いろいろと模索してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!