amazonのタイムセールは転売の必需品

世界的なショッピングモールでもあるamazon。amazonの存在が転売をより確実なものにさせると言っても決して過言ではありません。
その理由はタイムセールです。amazonにはタイムセールがありますが、このタイムセールは実は転売する際にも狙い目なのです。

 

タイムセールとは

amazonのタイムセールとは時間限定で割引してくれるサービスで、通常時よりもお得に購入出来るシステムなのですが、ただ単にお得に購入出来るだけではなく、「普通の物」がお得に購入出来ます。
割引、タイムセール。これらの言葉から、例えば訳アリ商品だったり中古品、あるいはすでに古いモデルとなっているので現実的に価格程の価値のない物を安く売っているだけなのではないかと思っている人も多いかもしれませんが、実際にはタイムセール以外には新品として、更には最新モデルとして販売されていますので、価値の低いものではないのです。

 

輸入するのもアリ?

amazonのタイムセールで購入したものを輸入するのもありです。特に家電であれば中国は魅力的な市場になりますので高値での転売の可能性も出てきます。
もちろん国内での転売も良いでしょう。amazonなだけに、品質の悪いものではありません。「タイムセール」なだけで安く購入出来るので、転売にも持って来いなのです。

 

タイムセールの情報収集

但しタイムセールはいつ行われるのか分かりません。ランダムに開催されるものなだけに、いつ開催されるのかといった保証など一切ありませんので情報収集力も求められるのは言うまでもありません。
当然ですがタイムセールを狙っている人は大勢いますのでライバルは多いです。こまめにamazonをチェックするだけではなく、twitterなどのSNSや匿名掲示板群など様々なツールを駆使しましょう。

 

まとめ

タイムセールは転売での利益を運んでくれる可能性がとても高いのですが、現実的にはタイムセールの情報収集こそがカギを握っています。
タイムセールで商品を購入出来れば転売の利益になる可能性が高いだけに、情報収集にこそ力を入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!