Amazon.com/アマゾン輸出でアカウントがサスペンド(停止)になってしまった時の対処法

以前の記事で海外オークションebay(イーベイ)のアカウントがサスペンドになってしまった場合の代表的な原因と

対処法をアップしたが、今回はアマゾン輸出におけるサスペンド(アカウント停止)の主な原因と対処法についてお伝えしよう。

 

そもそも前提として頭に入れておかなければいけない事がある。

それは海外オークションebay(イーベイ)はオークションサイト(C to C)という市場に対して、アマゾンは基本的にはB to Cであるという点。

 

そして、多くのメーカーの主戦場であるのがAmazonである。

つまりそれは何を意味するかというと、例えばヴィトンのバッグを海外オークションebay(イーベイ)とAmazonで出品するのでは全然意味合いが変わってくる。

海外オークションebay(イーベイ)では新品であったとしても「買ったけどいらなくなったから売ってる」と言えば特に問題は無いが、Amazonではそうはいかない。

 

「ショッピングサイト」な訳だから、中古ならともかく、いち個人がブランドや有名メーカーの商品を扱ってると一撃でサスペンドを食らう事すらある。海外オークションebay(イーベイ)と同じく顧客に対してクレーム率は○%以内に抑えよ、ハンドリングタイムを守って発送せよ、などの部分はサスペンドの代表的な原因として共通するが、この「出してはいけない商品」が基本的に

 

・Amazonの方が沢山あり、

・Amazonの方が厳しく罰せられる

 

と覚えておいた方がいい。

 

 

やはりAmazonでも存在する「本人確認とりあえずサスペンド」

やはりAmazonでも存在する「本人確認とりあえずサスペンド」

 

海外オークションebay(イーベイ)でもお伝えした内容だが、Amazonでもやはりこれは存在する。

むしろ、海外オークションebay(イーベイ)においては出品制限があるので、そこまでの無茶は最初からセラー側ができないが、Amazonの場合は最初からどんどん出品することができるので、諸月からやろうと思えば1000万円単位で販売することも可能だ。

 

だが、いきなり登録してきたセラーが何十万品と出品をして売りまくってたらどう見ても怪しい。

そこまで極端ではないにしても、いきなりツール等で大量出品をしたりするとこの「とりあえずサスペンド」の対象になりやすい。

 

アマゾンはツールがかなり出回ってて、ツールを回すと一気に何万品も出せてしまうので加減して出そう。

「どのくらいならいいか?」という具体的な数値は出しにくいが、

 

1週目:1日/500品〜1,000品

2週目:1日/2000品

3週目:1日/5,000品

 

くらいの段階をつけて特になにも無かったので参考にしてほしい。(必ずしも大丈夫とは言えないが)

 

 

過去にサスペンドを食らった事がある情報と紐づいてサスペンド

過去にサスペンドを食らった事がある情報と紐づいてサスペンド

アマゾンは海外オークションebay(イーベイ)と違って、複数アカウントを保有する事は特に問題は無い。

ただし、過去になんらかの理由でサスペンドを食らったアカウントと

 

・氏名

・住所

・クレジットカード情報

・IP

 

が一致すると新しく作ったアカウントもサスペンドを食らってしまう。

ちなみに恐ろしい例なのだが、とある輸出セミナーに参加した人がその会場のWi-fiを利用していたら、

その会場内にその時か過去かは分からないが「サスペンド経験者」がいたらしく、その会場でWi-fiを利用してた人の何割かがサスペンドを食らったという事例もある。

 

これは回線(IP)が一致して芋づる式でサスペンドを食らった例だが、過去にサスペンドを食らってしまうと全てを変えないと新しいアカウントで運用することはできない。

 

では、Amazonアメリカ、カナダ、欧州、日本などなど色々な国で販売することができるが、国をまたいでサスペンドになるか、という話だが、これはまちまちのようだ。

 

例えば私はAmazonアカウントもいくつか潰した経験があるが、それと同じメールアドレス、IP、氏名などでも他国ではもう1年以上異常はない。

 

しかし、それが原因で他国でサスペンドを食らったという事例も少数ではあるがある。

 

 

評価基準を下回ってしまった場合

shutterstock_413201149

 

こちらも海外オークションebay(イーベイ)と同様

 

・クレーム、悪い(ネガティブフィードバック)評価の率

・注文キャンセル率

・発送遅延率

 

などに加えて

 

・顧客メール返信遅延率

 

なんてものある。やはりこれも水準としては海外オークションebay(イーベイ)よりも厳しいと思っておこう。

発送遅延率やメール返信遅延率でサスペンドになることは滅多に無いが、もちろん著しく下回ってる場合にはわからない。

 

やはりクレームや悪い評価、在庫切れ等でのこちら都合でのキャンセルが罪が重い。

しっかり取引をしていればそうそう悪化するものでは無いが、注意して進めよう。

ちなみに私のサスペンド理由で「商品キャンセル率が高かったから」というのがあったが、ちょこっと水準から下回ってる程度でサスペンドを受けた。この辺は運でしかないが、気を付けて進めたい。

 

禁止商材、知的財産権侵害商品を出品した場合

shutterstock_462126457

海外オークションebay(イーベイ)では禁止商材を出してもいきなりサスペンドになるケースは少なく、しっかりと対処して謝罪すれば割と平気だが、Amazonで最も多いサスペンド理由がこれだろう。(特に欧州においては)

 

冒頭でも伝えた通り、Amazonはとにかく「出してはいけないもの」が多い。

多くのメーカー、小売店が主戦場にしてるため、相当目を光らせている。

 

メーカーや正規代理店の立場からしたら当たり前で、変な個人に価格を崩壊させられては非常に困る。

出してはいけない物を出した後結構速攻で注意が来る。

 

一撃でサスペンドになる事もあるし、私のアカウントの1つは10発以上警告来ていても無事なアカウントもある。

この辺は正直謎ではあるが、有名なメーカーを出すと警告を受けやすく、サスペンド率も高い傾向にある。

 

残念ながら全てを把握してかわしきる事は難しいだろう。

見分け方としては出品する前にそのメーカージャンルをリサーチして、個人セラーが出品しているようなら良しとするのが安全ではある。

とにかく最も気をつけたいところだ。

 

サスペンドを受けた場合の対処法

サスペンドを受けた場合の対処法

 

サスペンドを食らってしまったらどうしたらいいか。

海外オークションebay(イーベイ)とはまた違うところが結構あるので参考にしてほしい。

 

まずは深呼吸。落ち着こう。

海外オークションebay(イーベイ)同様、まずは落ちつこう。

アマゾンの方が後述するが冷静さを要する対応を余儀なくされるからだ。

水分を摂って落ちつこう。

 

Amazon(アマゾン)からのメールを確認する

アマゾンからメールが2通来てるはずだ。

1つはサスペンドを通知する内容、そしてもう一つはなぜサスペンドになったかという理由が書かれてるメールだ。

 

幸いな事に海外オークションebay(イーベイ)と違い、理由が割と明確に書かれてる。

まずは理由を明確にして、自分の中で対策を立てよう。

 

反省文入力欄から「ビジネス英語で」「相当具体的に」改善文を送る

ここが海外オークションebay(イーベイ)との大きな違い。

海外オークションebay(イーベイ)は電話をする事である程度先方の出方をうかがいつつ交渉できたし、担当者によって判断が違うので

諦めないマインドがサスペンド解除に繋がったが、アマゾンの場合は残念ながら基本的にはメールでの対応となり、

それもあって担当者ベースで判断が違うという事が起こらない。

 

そして、非常にシステマチックにサスペンドやその改善文を見ており、サスペンドになると同時に「改善をアピールしますか?」というようなリンクが英語で設けられている。(セラー画面トップに出てくるはずだ)

 

この改善文は基本的に一発勝負だと思った方がいい。

 

そして、つたない文章で「私は同じミスを繰り返さない」「これからはちゃんとする」などと送ってもほぼ無理。

誰がどう見ても「ああ、それなら彼(彼女)をサスペンド解除しても問題ない」と思える文章を提出する事が重要である。

 

そうするとつたない英語で送信は非常に危険。英語圏で商売するのに英語が微妙というのはアマゾンサポートから見れば

「こいつ大丈夫か?サスペンドのままにしておこう」という判断材料にしかならない。

 

私の場合は上記でお伝えした通り在庫切れによるキャンセルが原因でサスペンドを食らったので、

 

・今後は全部有在庫にする

・在庫管理スタッフを雇う

 

などなど、具体的な内容を送信した(実際は有在庫だけでなくても、スタッフを雇う訳でなくても良い、、、とは言えないがまずはサスペンドを解除する事が先決だ)そして解除された。

 

なので、できるだけ客観的に見てくれる人にチェックを頼んだ方がいい。

相当気を遣ってメールをしよう。

 

→サスペンド解除代行はこちら(解除を約束するものではなく、解除交渉代行)

 

まとめ

shutterstock_359568020

 

やはりやることはシンプルであるが、海外オークションebay(イーベイ)とは違い一発勝負になる(とはいっても一回断られても何回もアクションすべきだが)

ので、かなり気を遣って理由を確認して、それに沿った改善文章を送る事が重要である。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP