amazon(アマゾン)だけに頼らない体制が勝利の鍵

インターネットを活用すればamazonを上手く利用し、輸出等で利益を挙げる難易度はそこまで高くはありません。
そのため、どうしてもamazonに依存しがちになってしまうのですが、そこで考えるべきことがあります。

リスクヘッジは基本

それはamazonだけに依存し過ぎないことです。amazonは簡単です。更には売れれば利益になる。輸出ではあっても手間もかからないので、実際に輸出しているのか自分でも分からなくなってくる程簡単です。
そのため、amazonを使って輸出を行い、利益が出るようになると慢心が生まれます。むしろ「amazonさえあれば十分」という考えに支配されてしまうのですが、この心境こそが盲点なのです。
確かに現状、amazonは世界一のネットショッピングモールです。その点は間違いありませんが、それがいつまでなのかは保証されていません。

amazon以外にも…

近頃はSHARPや東芝といった日本を代表する家電メーカーが苦境に立たされています。
それらは、いわば一昔前は今のamazon程の存在感だったと言っても決して過言ではありません。つまり、amazonとていつまでも一位で居られる保証などないのです。
仮にですが、amazonばかりに依存しているとamazonそのものがコケた時、自動的に自分もコケることになります。
また、コケないにせよ、Googleのようにアルゴリズムが変化することでそれまで通用していた方法が通用しなくなる可能性とてあります。それらを考えると、amazon一本で展開するのではなく、リスクヘッジとしてeBayなど他のECサイトも活用しておいた方が良いでしょう。

まとめ

amazonは巨大企業です。その点は誰もが認める部分かと思いますが、一方では永遠に保証されたものではありません。
近頃youtubeでは、チャンネル登録者数が10,000人未満のyoutuberへの広告費の支給を打ち切ると発表したように、急にルールが変更することとて十分に考えられるのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式ブログ移転のお知らせ

2016バナー1

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

セミナー

2018バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)





紙直樹 プロフィール

small

 

紙直樹 1981年8月1日 埼玉県出身

大学卒業後、大手企業に勤めるも、
朝6時起床、24時帰宅、給料はそこそこ多かったが
必要経費で右から左の生活に疑問を覚え副業を開始。

2013年 独立
株式会社JAPAN.WAV設立
2013年9月 輸出で月商1000万円突破
2015年2月 輸出コンサルティングスタート
2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載
2016年7月 株式会社ジーオーディ設立
2016年9月 書籍「自由人の条件」amazon1位
2018年10月 株式会社Maximize Sales設立
2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破
2019年2月 東京ビッグサイト「ECフェア2019」出展
2019年2月 新聞社の取材を受ける

現在は4社を経営し、

・BtoBの越境EC事業
・BtoCのスクール事業
・リストマーケティング事業
・サービスプロデュース事業
・投資事業
・コンサルティング・セミナー事業
・システム開発・インフラ構築

を手がける。

新着記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  6. 紙です!==================…

おすすめ記事

  1. いつもご閲覧いただき誠にありがとうございます!早いもので僕がビジネススタ…
  2. 紙です!==================LINE…
  3. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  4. 紙です!==================LINE@で限定情報…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP