紙直樹 燃え尽きろ企画とは?

紙直樹の代名詞的企画で「燃え尽きろ企画」というのがあります。

 

まずはこの数字をご覧ください。

 

■2015年

11月実績 12月実績
¥523,500 ¥326,000
¥83,078 ¥354,664
¥56,654 ¥546,278
¥130,858 ¥1,129,179
¥66,086 ¥221,460
¥3,273 ¥95,924
¥71,990 ¥145,739
¥19,480 ¥547,600
¥25,141 ¥110,523
¥13,264 ¥127,399
¥50,839 ¥239,631
¥1,206,683 ¥1,112,772
¥60,000 ¥544,214

 

■2016年

1月実績 2月実績 対比
¥436,449 ¥452,258 103.62%
¥118,575 ¥312,939 263.92%
¥185,614 ¥362,302 195.19%
¥1,139,268 ¥1,503,303 131.95%
¥2,896 ¥53,900 1861.19%
¥95,994 ¥113,451 118.19%
¥56,720 ¥146,740 258.71%
¥21,000 ¥1,026,002 4885.72%
¥23,443 ¥213,980 912.77%
¥147,250 ¥371,583 252.35%
¥90,621 ¥189,096 208.67%
¥27,659 ¥204,698 740.08%
¥173,945 ¥469,399 269.85%

 

3月実績 4月実績 対比
¥102,304 ¥225,200 220.13%
¥288,025 ¥621,777 215.88%
¥20,031 ¥206,535 1031.08%
¥18,988 ¥155,638 819.67%
¥1,142,700 ¥1,308,285 114.49%
¥63,302 ¥147,651 233.25%
¥316,069 ¥602,500 190.62%
¥629,276 ¥1,032,019 164.00%
¥36,160 ¥148,089 409.54%
¥38,076 ¥122,053 320.55%

 

6月実績 7月実績 対比
¥331,553 ¥9,234,529 2785.23%
¥44,293 ¥336,657 760.07%
¥69,750 ¥194,136 278.33%
¥454,262 ¥1,317,433 290.02%
¥153,621 ¥678,072 441.39%
¥357,768 ¥751,338 210.01%

 

11月実績 12月実績 対比
¥83,315 ¥502,806 603.50%
¥227,685 ¥629,380 276.43%
¥243,238 ¥1,242,260 510.72%
¥1,043,210 ¥1,065,331 102.12%
¥124,188 ¥646,632 520.69%
¥27,085 ¥348,604 1287.07%
¥11,686 ¥343,454 2939.02%
¥0 ¥509,883 #DIV/0!
¥9,500 ¥18,210,980 191694.53%
¥175,298 ¥1,021,840 582.92%
¥134,897 ¥831,158 616.14%
¥45,081 ¥300,817 667.28%
¥4,478 ¥361,544 8073.78%
¥105,959 ¥584,649 551.77%
¥0 ¥407,343 #DIV/0!
¥313,088 ¥1,332,534 425.61%
¥129,357 ¥554,370 428.56%
¥195,335 ¥3,986,539 2040.87%

 

と、こんな感じで1ヶ月死力を尽くし

大きく収益を変化させる企画。

 

過去、90〜95%の参加者は上記のような大きな変化を

遂げています。

 

一体なぜ、こんなことが可能なのか?

それは、紙直樹が600名以上指導して来た中で培った

「その人の傾向を見て適正を伸ばす」

ということを1人1人に対して行なっているからです。

 

そもそも、

ノウハウやツールは多くの人が「同じもの」を使っています。

それにもかかわらず、

 

方や1000万円、方や0円。

なぜ差がつくのでしょうか?

 

社会的にはエリートの人が全然稼げず、

これまで大した成功体験をしてない人が大きく稼ぐことがあります。

なぜでしょうか?

 

工場勤務の人やSEなどプログラム系の仕事をしてる人は

総じてリサーチは苦手です。

なぜでしょうか?

 

「人生変えたい!」とみんな言うけど、

モチベーション要素が原因で行動できない人が多いです。

一体何がその人の行動を阻害してるのか?

 

などなど、

・傾向

・特性

・マインドブロック

・阻害要因

こう行った様々な要因が総合されてその人の収益として反映されてます。

 

通常、スクールといえばツール、ノウハウを渡して

「マニュアルに沿って稼いでね。わからなかったら聞いて」

という内容です。

 

ですが、このスタンスだと、どうしても

「聞かれたことに答える」という形になりますので

その質問以外の問題点は見えません。

 

日報も上げてもらうスクールは多いですが、

大体の場合、経験上「表面」に問題が出てこないことが多いです。

 

「今後〜をしっかりやる」という日報が出てくるとすると

実際しっかりやってるのか?

そもそも「しっかり」というのはどのくらいなのか?

という部分が曖昧になります。

 

そういった様々な要素を僕が確認し、

細かくディレクションをしていくわけです。

 

だから伸びるわけですね。

参加してる人はこれを実感してくれてます。

 

スクール生が対象となっており、

一般向けには現在募集をしておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!