【Amazon(アマゾン)輸入】初めてアメリカのAmazon(アマゾン)で個人輸入をする方への徹底サポート「Free to Watch編」

初めてアメリカのAmazonで個人輸入をする際に、必ず費用になるのがクレジットカードです。

日本国内の通販サイトだと代引きなどの支払い方法がありますが、海外の通販サイトで商品を購入する場合は

支払いは基本的クレジットカードになります。

そのためVisaCard・MasterCard・AmericanExpress・JCBCardなどを用意します。

ただアメリカに銀行口座を開いている方の場合は、デビットカードが使えます。

さらにVisaCardやMasterCardであれば、日本の円での決済が可能で円安など、為替の影響がありません。

さて今回は「Departments」➡「Amazon Video」➡「Free to Watch」について、英語表記の説明やアドバイスなどを詳しく行っていきます。

Amazonの英語表記「Free to Watch」について

アメリカのAmazonの通販サイトの左上に白文字で「Departments」の表記がありますが、

これは「部署」や「部門」という意味でこの場合は「部門」と訳してもいいでしょう。

ここをクリックすると「Amazon Video」と表示され、上から5番目に「Free to Watch」とあります。

これは直訳すると「無料で視聴できる」という意味です。

ただ残念ながらビデオの購入はできても、ビデオの無料視聴は日本からできません。

そこで今回はAmazonの「Free to Watch」については簡単に説明しましょう。

「Amazon Video」➡「Free to Watch」の詳細

「Free to Watch」をクリックすると左サイドの1番上に、「Kids & Family」と表示されていますが、これは「子供&家族ビデオ」という意味です。

その上に「Free to Watch」とあり、ここにあるビデオは全て無料で視聴できます。

「Kids & Family」の下に「Documentary」と表示されていますが、これは「ドキュメンタリービデオ」という意味です。

この上にも「Free to Watch」とあり、無料で視聴できます。

「Kids & Family」と「Documentary」の下にそれぞれ「see more」と表示されていますが、これは「もっと見る」という意味です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

紙直樹 公式メルマガ

2016バナー1

情報発信メルマガ

koushikimerumaga

セミナー

2016バナー1

輸出ビジネス動画講座(ほぼ毎日配信中)

2016バナー1

紙直樹 プロフィール

small

 

1981年生まれ、埼玉県出身。
 
大手企業に勤め安定的な暮らしをしつつも自由な時間のあまりの少なさに疑問を持ち2013年よりネットビジネスを開始。
 
転売、輸入、中国輸入、BUYMA等でそれぞれ月利50万円〜100万円を達成したが2014年は輸出ビジネスに絞り月利600万円を達成。
 
2015年には情報発信をスタートし2月末に月収1060万円、9月に月収2090万円を情報発信のみで売り上げる。
 
現在は物販初心者、中級者に対する約70名程の生徒に対して育成を行っている。
 
物販、アフィリエイト、スクール運営、コンテンツ販売、プロデュース等幅広い活動を展開している。

新着記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です!==================…
  6. 紙です。号外広告の配信です。…

おすすめ記事

  1. 紙です!==================…
  2. 紙です!==================…
  3. 紙です!==================…
  4. 紙です!==================…
  5. 紙です。号外広告の配信です。…
  6. 紙です!==================LINE@で限定情報…
PAGE TOP