1. TOP
  2. 【Amazon(アマゾン)輸入】初めてアメリカのAmazon(アマゾン)で個人輸入をする方への徹底サポート「Today’s Deals」

【Amazon(アマゾン)輸入】初めてアメリカのAmazon(アマゾン)で個人輸入をする方への徹底サポート「Today’s Deals」

輸入
この記事は約 3 分で読めます。 130 Views

アメリカのAmazonで個人輸入をする際には日本では買えないような商品や、

もし輸入ビジネスをするのであれば日本での売り値も気になります。

アメリカのドルと日本の円の為替レートも毎日チェックしたりして、日本でいくらで売ればいいのかを常に考えながら

アメリカのAmazonサイトを見るようになります。そこで今回はメリカのAmazonサイトで、安く商品を購入する方法をご紹介します。

 

「Today’s Deals」で安く商品を購入する

アメリカのAmazonサイトを見ると上の方に「Departments」と「Your Amazon.com」とあり、その右横に「Today’s Deals」とあります。

この「Today’s Deals」にカーソルを移動させクリックすると次のページが表示され、

「Today’s Deals」と表示されますがこれは「今日の特売品」という意味です。

「Deals」とは本来は「取引」という意味ですが、この場合は「特売や特価」という意味です。

「Today’s Deals」の下に「New deals. Every day. Shop our Deal of the Day, Lightning Deals and more daily deals and limited-time sales.

See deals you’re watching here, or let the deals come to you by receiving our daily deals email.」とあります。

毎日7000近い商品が安く購入できる

上の英文の訳は「新しい特売品。毎日その日の特売品を掲載していて、安い物から期間限定品まで日々詳細を掲載しています。

このページを見るかメールで日々の情報が見れます。」という意味です。

さらにその下に「Showing 1-32 of 6891 results」とありますがこれは「6891の特売品の内の1-32の商品」という意味です。

さらにそれぞれの特売品には特売品の価格が例えば「Price: $149.99 (41% off)$88.99と」表示されていますが、

これは「価格149.99ドルが41%の割引で88.99ドル」という意味です。

まとめ

欲しい商品や輸入ビジネスをするのであれば、Amazonサイトの「Today’s Deals」を利用すればかなり安く買えそうです。



\ SNSでシェアしよう! /

紙直樹オフィシャルブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

紙直樹オフィシャルブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

NAOKI KAMI

紙 直樹(NAOKI KAMI)

2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。

輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。
今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。

その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。

2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。

2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。

誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!

コメントを残す

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • ebayでクッソ売ってる男

  • 謎の古本で利益83000円出た話。

  • ネットショップで稼ぐ方法を公開

  • ■本気■一緒に資産構築して安定収入を手に入れないか?

関連記事

  • 海外のamazonを活用した転売は成功するのか

  • 【Amazon(アマゾン)輸入】初めてアメリカのAmazon(アマゾン)で個人輸入をする方への徹底サポート「Amazon Vide編」

  • 個人輸入は簡単?難しい?利益のコツに迫る

  • 輸入したものはヤフオクで売れるのか?

  • 転売はプラスアルファを考える

  • 輸入してAmazon(アマゾン)で売る。このスタイルこそ定番