【Amazon(アマゾン)輸入】初めてアメリカのAmazon(アマゾン)で個人輸入をする方への徹底サポート「商品の検索方法」

まとめ

初めてアメリカのAmazonで個人輸入をする際に、どんな商品があるのか分からないと購入もできません。

アメリカのAmazonで商品を検索する方法は大きく2つあります。

一つはアメリカのAmazonの通販サイトのトップページの左上に白文字で「Departments」の表記があり、

ここのカーソルを移動させると下にAmazonで購入できる商品のジャンルが表示されます。

「Amazon Video」と「Amazon Music」と「Appstore for Android」については、他のページですでに詳しく説明しています。

それぞれの商品のジャンルも全て英語で表記されているので、英語が苦手な方にはハードルが高いかもしれません。

ただもう一つの商品の検索方法ですが、サイトの上部にある「All」と書かれた横のブランクでも検索ができます。

日本語でも検索できるアメリカのAmazon

先ずサイトの上部にある「All」をクリックすると、自分が欲しい商品のジャンルが表示されます。

例えばコンピューターを探しているのであれば「All」をクリックすると、上から21番目に英語で「Computers」の表記があるのでここをクリックします。

するとサイトの上部にある「All」の表記が「Computers」に変わります。

それから自分が探しているメーカーの名前を日本語で横のブランクに記入するとアメリカのAmazonで購入できる商品が表示されます。

ただし商品の検索で表示されても英語で書かれているので、依然としてハードルが高いのは変わりません。

「Computers」➡「アップル」

例えば「All」の表記が「Computers」に変わってから日本語でアップルと記入して検索すると、

「iPad mini-Drop Tech-Ruggedized Case-Black-Black」と価格が「$35.00」と表示されます。

「iPad mini-Drop Tech-Ruggedized Case-Black-Black」とは黒色の高耐久性ケース付きのアップルの

iPad・miniで、価格が35ドル(約3850円)で下に日本まで商品の到着日数も表示されています。

さらに下の方に (See all 146 results) とありますが、これはこの他にもあとアップルに関連する商品が145あるという意味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!