「ハンディキャップ」という武器

紙です。

==================

LINE@で不定期に限定情報お届け中!

スマホから現在アクセスしてる方は下記から。
→ http://line.me/ti/p/%40cnd5037j
PCの方は @kaminaoki で検索してください。

==================

弊社開催の無料セミナー、
8月もアツいラインナップを
続々追加中!

今かなーーーり簡単に稼げるようになってる
amazon輸出超初心者向けセミナー、
間も無く締め切りますね!

http://god-inc.jp/seminar

さあ、先日よりスタートしました

1日30分ツールを使った
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

amazon輸出でどこまで稼げるか企画!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
LINE@で速報を配信中です!

まだ登録してない方は下記まで!

スマホから現在アクセスしてる方は下記から。
→ http://line.me/ti/p/%40cnd5037j
PCの方は @kaminaoki で検索してください。
最近本当に「人生捉え方一つ」だな〜と思います。

例えば先日僕は36歳を迎えたわけですが、
「若い時じゃないとできなかった事」を
たーーーーーくさんやり残してることに気づきました。
ではここで、
「あと●年若ければ。。。くぅ。。。」と悔やむのか、
「今からでも●●は〜と〜すればできるかも」と思うのか。
全然違います。

よく大人になってから大学行く人いますが、
確実に若いころより勉強熱心になれるし、
返って吸収力も増すでしょう。
「自分は歳だし今集中せねば」
と思うから上達も倍速になります。
僕の古い友達で、若いとき大学も行けないような
アホだったのに30歳手前からかなり偏差値の良い
某大学に試験パスして合格し、首席になった
人間がいますが彼は良い例ですよね。
最近スクールを見てても顕著です。
20歳でアメリカ在住だからスクールのイベントとか
そもそも時差があるからコミュニケーションもみんなと
リアルタイムでできないのに泣き言一つ言わず
実績をグングン上げてる山下くんという若者がいます。
言おうと思えばいくらでも泣き言言えるわけですよ。
・アメリカ住んでるから日本のイベント出れない
・アメリカ住んでるからみんなと時間が合わない
・日本のトレンドがわかりづらい
・そもそも若いから収入が少なくて日本来にくい
・人生経験が少ない
などなど。

でも彼はそんな泣き言は言いません。
たまに「そんな状況に焦ります」とは言いますが、
「焦る」という苦しい感情を自分で背負って
真っ向から戦ってます。

そんな姿勢が、結果的に日本に住んでる恵まれた状況の
人よりも実績を出させます。
一方、
・パソコンが苦手です
・おしおき部屋(サボった人がいくチャットルーム)に
なんで入れられたのか説明して〜。涙
・テンション下がっちゃう〜
・家族の行事が多くて
・一生懸命やってるのにできない
などなど泣き言ばっかりで
「できない理由」を最前に出して「できない」と言う人が
やっぱ一定数いますね。

パソコンできないってチャンスなんですけどね、実は。
前も言ったかもですが、
僕は前職ネットショップの会社に勤めてましたが、
PCの知識は壊滅的でした。

でも、その分「利益を得る」ということに対して
勉強をしていって、PCは壊滅的でしたが、
入社3ヶ月目ですでに中核的な存在になってました。
PCのスキルはその間、大して成長してません。
多分できない理由を前面に押し出す人は
共感や「じゃあしょうがないよね」って言って欲しいんでしょうね。
そういうのを見てると正直「辞めたらいいのに」と思いますが(笑)
まあ最近は燃え尽きろメンバーとかにしか言いません。
共感や優しい言葉をかけて欲しいのであれば
SNSとかで言えばいいよ。
「そうだよね〜」
「それじゃしょうがないよ〜」
って言ってもらえますよ。
今僕のスクールはすごく良いメンバーが揃ってきてます。

さっき言った20歳の彼や、
ビジネスに専念したいから利益全然出てないのに
会社辞めて、かなり精神的には怖いだろうに
そんな泣き言は言わず前向きに頑張る奴もいます。
そういう覚悟ある奴らに宣戦布告する人間もいます。
泣き言言う人が多くの「大変なハンデ」を背負ってる訳じゃない。
みんな背負ってます。
捉え方一つです。
時間がないから、と言ってる人は
そんな状況下で人並みにできれば
とんでもない「時間短縮法」をマスターできるでしょう。
PCが苦手、と言ってる人がツールを駆使した
販売法をマスターすれば、PC音痴の人に対して
圧倒的な説得力で情報発信できるでしょう。
モチベーションの上げ方 とか
最強営業法 みたいな本書いてる人って
決まって「元々は苦手だった」場合が多いじゃないですか?
結局「不利な状況」って人生いつでもあると思うので
「それをどう考えて行動するか」
次第なんじゃないかな〜と思います。
最初は泣き言言ってる人でもスクール期間中とかに
しっかり頑張って、すっかり人生変えてる人とかも
結構いるので、今日のメルマガを読んで
「あ、自分のことだ」って思う方も
捉え方を変えて頑張って欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!