「チャットから削除されました」

紙です。

==================

LINE@で不定期に限定情報お届け中!

スマホから現在アクセスしてる方は下記から。
→ http://line.me/ti/p/%40cnd5037j
PCの方は @kaminaoki で検索してください。

==================

弊社開催の無料セミナー、
8月もアツいラインナップを
続々追加中!

めちゃくちゃ稼ぎやすくなってる
ebay輸出の超初心者向けのセミナー、
今月ラスト1回となりますが、
間も無く締め切ります!

http://god-inc.jp/seminar

さあ、先日よりスタートしました

1日30分ツールを使った
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

amazon輸出でどこまで稼げるか企画!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
LINE@で速報を配信中です!

まだ登録してない方は下記まで!

スマホから現在アクセスしてる方は下記から。
→ http://line.me/ti/p/%40cnd5037j
PCの方は @kaminaoki で検索してください。

 
昨日、久々に1時間ちょいかけて
長文のメルマガを書き上げましたが、
LINEとかでも結構反響いただいて
書いた甲斐がありました。

 

まだ見てない方は下記より。

======================
【長文だけど大事】社外秘をバラしちゃいます。
http://wp.me/p5A5zn-X0
======================

 
タイトルの件、「なんだ??」と思いましたよね?
僕の代名詞的な企画である「燃え尽きろ企画」
(過去6回行い、単月で月収が10倍になったりする人が
続出する名物企画です)

 

その企画では100%の人が稼ぎを一気にあげるわけではなく、
5〜10%の人は脱落します。

 

僕もある程度本気で指導しますしね。
なので、毎回一定数が燃え尽きろ企画チャットから
削除されます。

 
ただ、僕的には「もう来るんじゃねぇ!クソが!」
という想いで外すのではなく、
「なぜチャットから外されたかを考えて這い上がってきてくれ」
という想いで外してます。

 
今日のメルマガでは、過去唯一削除されたのに
考えに考えを重ねて復活したPC超オンチの
主婦、黒木さんの話をしようと思います。

 
対談もアップしたので是非ご覧ください。
https://youtu.be/8DtAudOXxjg

 
結論から言うと彼女は月収100万円プレーヤーです。
いろんな塾で学んでからうちに来たので
生粋の輸出プレーヤーというわけではありませんが。

 

僕の教え子で月収100万円達成者は
10名ちょいいますが、
彼女は最も指導に苦戦した月収100万円達成者です^^;

 
でも、結局月収100万円達成できるかどうかって
○○○○ができてるかどうかなんだな〜
と、対談を通じて改めて思いました。

 
知りたい方は対談をご覧ください。

 
言葉だけで言ってもちょっと難しい部分なので。
話は戻って、まだ彼女が月収20万円くらいだった頃、
燃え尽きろ企画に参加してました。

 
彼女はPCがあまりにもダメなうえに
空気を読めません。笑

 
燃え尽きろチャットでも当時あまりに酷い
行動が目立ったのでチャットから削除しました。

 

 

僕としてはなんとか這い上がって欲しかったので、
当時副塾長だった大越さんに裏側で
「さりげなくフォローしておいてやってください」
とお願いしておきました。

 
大越さんもしっかりやりとりしてくれたようで、
(というか、大越さん黒木さんの個別での
やりとりが全部大越さん経由で僕にも送られて
きてたのでモロ見えでしたが。笑)
彼女は僕に改善する旨の文章を送ってきて
晴れて燃え尽きろチャットに復帰しました。

 
対談見てもらうとわかりますが、
PCは本当にダメだし、
リサーチが得意なわけでもなく、
二児の母なので時間もない。

 

 

それでも月収100万円です。

 

スキルらしいスキルは持ってません。
だから僕も彼女が月収100万円って
達成してからもずっと謎だったんですよ。

 
だいたい月収100万円達成する人って、
代名詞的な武器があります。

 

大越さんなら仕組み化、
堤くんなら折れない心と仕入れ力、
亀井くんは交渉力、
綾瀬くんは行動力とスピード、
杉原オヤジは経験、
佐藤くんはマインドブロックの無さ、

みたいな。

 
「なぜこの人は稼げるか」
というのが明確な場合が多いです。

 

 

じゃあ黒木さんは何!?
ってのがずっとわからなかった。

 

 

でも、この対談を通じてわかりました。
要は「お客さんのことを考える力」だけ
異様に高いんです。
ここ、すごく大事ですね。

 

 

インターネットビジネス

 

 

って言うと、どうしてもイメージ的に
PCスキル、ITリテラシーを高めないと
というイメージが強いですが、
結局のところインターネットの向こうにいるのは
人でしかありません。

 
ある意味彼女が

 
ネットの知識よりお客さんのことを
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

考えることが稼ぐ最短コース
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
というのを証明する存在になりましたね。

 
お客さんのことを考える、というのは
言語化しにくいし答えはないので、
人に伝えるのは難しいですが、
それでもそこを中心に物事を考える姿勢を
僕は貫いてるからこそ、強い人材が
どんどん育っていくのだと思ってます。

 
今LINEで配信してる
1日30分でツールで稼ぎまくる
みたいな企画も含め、

 
・大量出品で稼ぐ
・ツールで稼ぐ
・外注化で稼ぐ
・〜で稼ぐ

 
という比較的簡単な手法から
始める人が多いです。

 
顧客目線は大切ですが、
「顧客目線でビジネスせよ」
だけで「わかりました」と
動ければ指導者は苦労しないですね^^;

 
何の手法からやるにしても、

その先に色々なニーズを持った顧客がいる
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ということを意識するしないでは
その後の展開に雲泥の差がつきます。

 
それが意識できない人が圧倒的多数なので、
現在配信してるLINEのテストは
ある程度そういうところは省いて、
とにかく大量に出品して
色々なニーズを持った顧客に
数撃ちゃ当たる作戦のみを取ってます。

 
それでもそれなりに稼げますが、
1000人が同じことやりだしたら
もう勝てません。

 
あっという間に顧客からしたら
1000の中の1人という存在でしか
なくなってしまいます。

 
ところが、大量出品して、
売れたものの傾向を見て

 

 

「お、このメーカー人気なのか?」
「なんかこのシリーズ今来てるな」

 

 

という顧客のニーズを把握すれば
次の行動も変わってきます。

 
それができると、1000人が
大量出品を無思考で行っていても
自分だけは積み上げ式に顧客のニーズを
知ることができるので顧客にとっては
1000人の中の1人ではなく、
「自分のニーズをわかってくれるセラー」
になれます。

 
そこを意識させて大量出品させるのか。
「これさえ回していれば〜」と
大量出品させるのか。
全然違いますね。

 
まあ世の中「〜するだけで○○」が大好きなので、
ツールとかを売ろうとするだけなら
「あなたは〜するだけで○○」って言っときゃ
売れはするわけですが。笑

 
「稼ぎたい」と言ってるこのメルマガを
読んでる人の多くは

 

「稼ぎたい」

「安定収入を得たい」
「複数収入を得たい」
「稼ぎ続けたい」
「時間も自由にしたい」

 
という要望を持ってることを知ってるので、
「〜するだけで○○」とは言いません。

 
するべきことをしっかり伝えます。

 
と、僕の指導方針の話は置いておいて、
黒木さんとの対談はそういう大事な部分を
改めて学ぶことができます。

 
しかも彼女は対談で話してる手法意外に、

 
完全自動で収入を得る手法も確立してます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
対談では話せなかったその手法を
25日に弊社の無料セミナーの特別講師として
お呼びしておりますのでお話いただけるそうです。

 

 

遠方の方もWEB参加可能ですので、

 

・PCオンチの方
・主婦の方
・完全自動手法を知りたい方
・ビジネスで大事な考え方を学びたい方

 

は参加してください。

http://god-inc.jp/seminar/

 
対談はこちら
https://youtu.be/8DtAudOXxjg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

紙 直樹(NAOKI KAMI) 2013年まで大手企業やネットショップのGMとして約10年サラリーマンをするも「何のための人生か」「ただ生活するために仕事をしている」ことにいい加減嫌気が差し独立。 輸入ビジネスをはじめ約3ヶ月で月商50万円を達成。 今まで仕事で味わったことがない喜びを得る。 その後四苦八苦しながらも2013年には輸出ビジネスと出会い、7月頃から本格的に輸出ビジネスを始動し年末には月商250万、月利100万を達成。 2014年5月に法人化をし9月には輸出ビジネスで月商1,000万、月利600万を達成。 2014年12月までは実績より自動化、外注化を図り調整だけすれば売り上げは立つ状態になる。 誰かの役に立つため、そして自分自身の成長のため、情報を発信していきます!